会社案内

***上記は弊社各種フィルム製造工場写真です***

メッセージ

 

コンセプトに書きましたように、社会への取り組み方と柔軟な発想へのこだわりを持って当社グループは経済が激しく変動する中、色々な経営環境下に於いて独自の発想と展開をしていく事と安定した成長を通じて企業価値を高め続ける事を目指しています。他社にはない柔軟な発想が話題を呼び、社会にもっと貢献出来るよう様々な取り組みに力を注いでいます。独自の発想と展開はややもすると反感を買いがちですが、当社は我が道を行き、信念を持ってこれからも進んでいく所存です。何卒宜しくお願い致します。 代表取締役社長 村上正行

 

会社概要

社名
株式会社 振 高(しんこう)                                      
社名の由来
**㈱振高は発足時に国立京都大学の岩崎振一郎博士の"振"と高分子化学の"高"を頂きまして組み合わせた固有名詞です。         
 
 
代表取締役社長
村上正行
本社所在地
〒541-0046
大阪市中央区平野町2丁目1番8号 シンコーシンコビル(Shinko Cinco Bldg.)
TEL. 06-4706-3776(営業部), 06-4706-0014(総務経理)
FAX. 06-4706-0014(受付電話及びFAXは同番号です), 基本営業時間は平日の午前7:00-午後3:00です。
資本金
1000万円
創立
昭和50年5月
関連会社
参考:振高グループ関連会社について-->(1)南寶樹脂グループ(社員数約11万人、年商約1兆8000億円です)、(2)マックスムラカミプロアサインメント他。(当社社長は①振高グループのオーナー、②京都大学,高分子化学より創立のマックスムラカミプロアサインメントの代表者等を兼任中です。) 、(3)世和フィルムグループ株式会社(年商約300億円です。㈱振高は日本国内代理店です)、(4)Khalid Brothers Pakistan (PVT)Ltd.(㈱振高とお互いの国(日本及びパキスタン)にて総代理店となっております。取扱い商品は化学工業製品です。)
役員
代表取締役 村上正行
  取締役 山田 均
  監査役 池田勝利
取引銀行
関西みらい銀行 堺筋営業部、三井住友銀行 難波支店、日本政策金融公庫 大阪支店 他。           (**近畿大阪銀行は2018年10/22より"本店営業部"が、"堺筋営業部"と名称変更になりました。更に2019年4月1日より銀行名も"近畿大阪銀行"より"関西みらい銀行"と名称が変更されました**)
㈱振高沿革
昭和50年 5月 現社長村上正行が大手商社より独立、大阪市鶴見区にて村上貿易事務所を立ち上げる。

昭和53年11月 本社事務所を法人化して鶴見区から大阪市内京阪天満橋、大阪市中央区釣鐘町2丁目
        に移転し、同時に大阪市北区南森町に大阪北営業所を開設する。
        
        社名は国立京都大学の岩崎振一郎博士の"振"と高分子化学の"高"を頂き、
        株式会社 振高(しんこう)に変更する。
        当初資本金300万円とする。
        その後まもなく資本金は1,000万円に増資する。

昭和54年4月  反物、織物、電気製品、ビデオ、化学工業製品、医療器具等を中近東、南米へ輸出を開始。

昭和57年10月 Khalid Brothers Pakistan (PVT) Ltd.社(Karachi, Pakistan)と取引開始。。
       同時にKhalid Brothers Pakistan (PVT) Ltdを㈱振高のパキスタン総代理店とする。
       中近東にて化学薬品全般、合成樹脂接着剤、PVA, 酢ビエマルジョンの販売を強化する。
       ㈱振高独自のシンコーポバール、Khalid Poval の製造輸出販売を始める。

昭和60年4月  台湾、南寶樹脂と技術協力関係を結ぶ。南寶樹脂先々代社長は元振高グループの社員。

昭和60年8月 Khalid Brothers Pakistan (PVT) Ltd.社内にて㈱振高Shinko-Khalidで営業可能にする。
       現社長村上正行が自らパキスタン、カラチに一時化学工場視察、営業拡大等で滞在する。

昭和62年4月 大阪北営業所を天満橋支店として大阪市中央区内淡路町に移転する。

平成3年12月 本社を大阪市中央区島町2丁目1番8号天満ファーストビルへ移転する。

平成4年8月  台湾、南寶樹脂グループと提携し、南寶樹脂、長春石油化学、大連化学の製品の日本国内
       での販売を始める。(南寶樹脂グループ:社員数約11万人、年商約1兆8000億円)
        
平成9年10月 天満橋支店を大阪市中央区内淡路町2丁目自社部屋8F,9F,10F所有の都住創ビルへ移転する。

平成14年12月 本社を中央区島町より大阪市中央区大手通シンコークアトロビル(Shinko Quattro Bldg.)へ
       移転する。
平成17年8月 大阪北浜に更地購入後、自社ビル(シンコーシンコビル・Shinko Cinco Bldg.)を新築する。
       大阪北浜支店を大阪市中央区平野町の自社ビル・シンコーシンコビル(Shinko Cinco Bldg.)
       に開設する
平成19年7月 天満橋支店を大阪市中央区大手通の本社ビル・シンコークアトロビル(Shinko Quattro Bldg.)
       に移転する。

平成22年6月 本社を大阪市中央区平野町の自社ビル・シンコーシンコビル(Shinko Cinco Bldg.)へ移転する。
       それに伴い、大阪市中央区大手通シンコークアトロビル(Shinko Quattro Bldg.)の事務所は
       天満橋支店のみとなる。

平成27年10月 天満橋支店 を東大阪市加納8丁目自社所有建物へ移転する。天満橋支店を大阪見本倉庫支店に
        改名する。
平成27年 11月 大阪見本倉庫支店を大阪市中央区平野町の自社ビル・シンコーシンコビル1Fへ移転する。同時        に本社営業部となる(本社ビル1F及び2F)。

平成27年12月 OPPフィルム、PETフィルム等輸入販売開始。

平成29年1月25日 台湾炎洲股份株式会社海外ブランドの中国寧波世和フィルムグループ株式会社の日本国内代理店となる。

現在取扱い業務は以下の通りです。
    (A)OPPフィルム、PETフィルム、CPPフィルム、TPUフィルム、PEフィルム、ポリウレタンフィルム、特殊PET-Gフィルム、各種溶剤、 PVA、合成樹脂接着剤、IT関係(コンピュータ機械、各界業務用ソフト)の国内製造販売及び輸出入。
    (B)特殊事業(ユニバーサルスタジオ関連業務、輸出入代行業務、会計販管給与総務事務代行業務等)  

平成29年7月 不動産、貸室等、賃貸業を始める。 月極駐車場、貸室等エイブルと協力開始。 

平成30年1月 OPPフィルム、PETフィルム、PEフィルム、CPPフィルム等輸入販売業務の拡大とPVA輸入・国内品販売開始。 

平成30年3月 ヤフーにてネット販売開始する。化学工業製品、衣料品、介護関係、その他。

                                        以上